ワリード兄弟イラク通信 Topページ  手記  メモ | ワリードとは | メール

2016年2月18日木曜日

チグリス川で泳いだ I swam in the Tigris

バグダッドの郊外。北の上流だとこんな素朴な感じでした。
ワリードの兄の運転と案内で医薬品を届けたあと地元の青年たちが泳いでいたの見つけました。気温は40度以上と暑く思わず飛び込みました。
ゆるやかに見えて深く重い流れで油断できない感じでした。
兄、ヤヒヤによるとサダム時代は川沿いにサダムの宮殿などあり自由に泳ぐことかできなかそうです。
この後の宗派対立などでたくさんの死体がこの川に投げ込まれたのだとか。

2016年2月10日水曜日

ワリードの愛車。経済制裁中とはいえボロ車。

イギリスのランドローバーディフェンダー。
このころすでに骨董品。
サイドブレーキはなし。坂道に駐めるるときは石ころかなんかをタイヤにかます。
鍵もなし。イグニッション電線を接触させてエンジンスタート。
バックギアもなし。後退するときは押して。
そんな車がイラクでふつうでした。

2016年2月9日火曜日

女子校にあったドラム缶

サーベイメータの数値は0.073。単位はマイクロシーベルト。屋外バックグラウンドでは0.020前後でした。
帰国後この後このドラム缶について東京のグリーンピースに連絡しました。

サマワの女子校

video
2003年12月。
この学校に廃棄された核物質があるというので訪問。
持参していたガイガーカウンターで調べてほしいと先生らに案内されて中へ。
階段の下にドラム缶がありグリーンピース(ヨーロッパ)が地域に呼びかけ怪しいと思われるものを集めさせたようです。その後学校に置かれたままでした。幸いなことにメータにはわずかな反応しか出ませんでした。
*ツワイサではなくサマワです。タイトル直しました。動画の字幕ではサマワと正しかったのですが。